0

代表者メッセージ(日記)
ホームページリニューアルに関して
代表者メッセージの冒頭でも書きましたが、以前「社長ブログ」を私も流行の中でつけていたのですが、毎日書くこともなく、結局アクセスもそれほどなく、1年も、もたずに止めてしまいました。
今回は、その反省も兼ねて、月1回~2回、気張らずに更新できればと、再開することになりました。
「ミクシィ」や個人でつけている「映画批評ブログ」は、それなりに書くことがあるのだが、会社になると、なかなか何を書いていいのか・・・という疑問にどうしてもぶっかってしまいます。
今回はとりあえず、弊社のホームページのリニューアルに関して、書いてみようと思います。

実は、弊社のお客様には、大変にご迷惑をお掛けしましたが、当初今年(平成22年)2月にリニューアルを予定していたのですが、急遽色々な事がありまして、遅れてしまいました。
2月のリニューアルの為に去年(平成21年)より、こつこつ作り上げ、今年の1月までにほぼ8割出来ていたのですが、まず、今年に入り、AppleのiPhoneでのFlash Player採用の問題の噂、それに伴いHTML5の普及・・・従来なら無視して良い課題なのですが、AppleのiPhoneやiPodの普及には、想像を超えるものがあった事、更にiPadの発売・・・・これらを今後ネットを仕事にする者として目を背けていけない問題だったので、今回、Apple社の発売するこの手の機種の動向を伺っており、結局結果が上手く出ないまま、また1からデザインをやり直して今回のリニューアルにこぎつけました。
結局HTML5はどうなるのでしょう。
気の早い人なら、もうすでに勉強されているのでしょうが、今の時点(平成22年7月)で、まだまだHTML5は、技術的に発展途上の中にあると言って良いでしょう。
今日勉強したタグが明日には使えない状況に陥ることも有り得ることで、まだまだ年内どころか、来年にも普及される見込はないかな・・・・なんて読みをしています。(色々と反論はあると思いますが)
ここで、怖いのはiPadが今後、どのような使い方をされるかですね・・・・
Windows仕様のiPadのようなモノが、どこかのメーカーで今年の年末に向けて発売するという勧告も出たし、もう少し様子を見ても良いでしょう。
実は、十数年前は、SMIL(スマイル)という技術を習得、ADSL時代には、必ずこのSMILが主流になると読んでいたのですが、現実は・・・・・(笑い)
ですので、最新技術って意外にも、星の数ほど出てくるけど、結局普及しないんですよね。
私が思うに、結局インターネットのホームページって、とりあえず誰でも簡単に作れる事が普及の原因だったんじゃないかと思います。
ですので、HTML5を少し調べると高度な技術力が必要となり、今後の普及にはどうなるかな・・・・
HTML5が普及する前に、AdobeとAppleが仲良くなっている可能性もある(笑い)そうなれば、今まで通りになる可能性もあるはずです。
そもそもAdobeとAppleが仲が悪くなった原因の憶測があるのだが、このネタは、またネタがないときでもとっておいて、 そんな訳で、ホームページのリニューアルに待ったを掛けておりました。
jpドメインには、問題が幾つかあったので、リニューアルを2年位前から考えていたのですが、なかなか着手出来ない状況が続いておりました。
今回、ホームページのリニューアルにつき、上記の件を踏まえて行った事は、Windows機とMac関連の機種で、ホームページを見た場合、フォントをそれぞれのコンピュータに適切な大きさに制御させました。
そもそも、数十年前は、Windows機とMac機、ブラウザもIE(Internet Explorer)NN(Netscape navigator)と、まさにバラバラな環境での時代があり、それぞれのマシンやブラウザの環境で閲覧しても全て同じように見せる為に工夫をしたものですが、ここ近年は、圧倒的にWindows機で、IEということから、そのユーザーが全てとホームページも少数派を切り捨てていましたが、ここに来て、Macの需要も、もう一度考える必要にあるかと考えました。
実は、こうは書いていますが、私は、元々Mac Userなのです。
大変に長々と言い訳を書きましたが、今回、ホームページのリニューアルに当たってこんな裏話があったのでした。

文章:小室圭三 (平成22年7月26日)