0

代表者メッセージ(日記)
東日本大震災に関して
地震と津波の被害を受けた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

今回の事情をさっし、代表者メッセージ(日記)の更新を自粛しておりました。

皆さんもご存知でありますが、3月11日(金)午後14:48分頃、東北を震源地とした大きな地震に見舞われました。
地震発生時、私は事務所で仕事を行っておりました。
当時、事務所が揺れた瞬間、事務所の中の電気を全て消すと、暖房具、ガスの元栓等を確認、高齢者の方で、近所でお店を構えている方たちに、外へ出るように指示し、避難に応じてくれた方の集まった場所に着いた瞬間、激しい揺れに襲われました。
実は、この地震を予知していたという訳ではありませんが、本来、地震が来てもさほど気にしないのですが、この地震が起きる数ヶ月前に、鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連山の新燃岳が噴火していた事。
数日前に、茨城県鹿嶋市の下津海岸クジラ約50頭が打ち上げられているのが見つかった事。
あと、何処かは忘れましたが、温泉の色が無色透明から茶褐色に突然変化したというTVニュースを見たばかりでした。
「これは何かあるかもな」なんて思っていたものだから、事務所が揺れた瞬間、「もしかして」と思ったて行動したのが大変に良い方向に進みました。
私の事務所の周りは比較的、高齢者の方が多く、揺れが収まると、各高齢者のお店や住宅は、飾り物等が落ちていたので、これが頭に落ちていたかと思うとぞ~とする瞬間でした。
私たちジャムハウスの事務所でも、パソコンモニター(実は、小さな机で仕事をしているので、かなり不安定なモニターの置き方をしている)等がお倒れており(しかし、破損は間逃れました)、鉛筆立、掛けられた洋服等が床に落ちるという事態に陥りました。
その後、携帯電話は繋がらない状況が続き・・・ テレビで東北地方の方の惨事を目の当たりして、言葉が出ませんでした。
早急に、自分達に出来る事を探し、それを実施する事で、少しでも何かのお役に立てればと思いました。
震災から約1ヶ月が経ちましたが、勿論、被災された方に比べたら、今回、ジャムハウスが受けた地震の影響等、計らなくても一目瞭然なのですが、 私の好きな言葉で、マルチン・ルターさんの言葉ですが、「明日地球が滅びようとも、私はリンゴの木を植える」 いかなる時でも希望を捨ててはいけない。

自分自身にもそう言い続けて、この試練を、共に助け合い乗越えていきたいと思います。