0

代表者メッセージ(日記)
野球球団
いよいよ先日、横浜ベイスターズの身売り問題が解決して、モバゲーで有名な株式会社ディー・エヌ・エーさんが運営する事に決まったが、しかし、大変ですね。野球球団をひとつ持つ事とは・・・・
連日ニュースで、「モバゲースターズじゃ駄目だとか」「全球団のオーナーからの認可がいるとか」
ま、球団を欲しいと思っている所はそれこそ必死だし・・・・
数年前、楽天さんとライブドアさんが近鉄を獲得するのに大変な騒ぎになった事を昨日のように思い出しますね。
ま、それぞれの価値観だけど、球団を保有したと言う気持ちが分かる反面、分からない気持ちが半分と・・・勿論、持ちたい気持ちは、野球を通して企業イメージをアップしていきたいのだろうし、ステータスもあるだろうしね、分からない事に関しては費用対効果の面、確かに球団を持ったら知名度などが上がると思うけど、選手のギャラや球団運営の事を考えたら、本当に良いのかな・・・・と、考えてしまう。
勿論有り得ない与太話ですが、ジャムハウスが、野球球団を持てるぐらいの会社になったら、野球球団ではなく、何か別の手段を考えるだろうね。
会社の名前やステータスを挙げる事なら、幾らでも考えられると思う。
しかし、ITが世の中を席巻して早20年になるか、野球球団の運営していく企業の内容も変わってきたものだ。
と、ジャムハウスでは、少し反省する事も出てくるかな・・・・
ディー・エヌ・エーさんって、数十年前は三軒茶屋で16人位の会社さんだったのだから凄いよね。
当時は、女性の経営者で、私と5歳程しか変わらなかったけな・・・
実は、その当時のディー・エヌ・エーさんから、人を通して、会社に入らないかと誘われた事が有った。
当時は、携帯電話向けのオンラインショップサイトに力を入れていて、絶対に携帯のオンラインは根付くと熱弁されていったっけな、それで、携帯ゲームに歩行修正したんだろうね。
今でもPCのサイトに興味のある私は、そんな理由から、丁重にお断りしたんだけど、まさかね、初台の交差点の手前のビルに数千人の社員の会社になるとはね。
ちなみに、楽天さんも創業まもなくの頃、人を通して会社に入らないかとお誘いを受けたことがあります。
ディー・エヌ・エーさんも楽天さんも凄い企業だね。見習わないと・・・・・
お話を戻すと、私自身、野球に数十年行っていないし、テレビでもしばらく見ていない、理由はなんだろうね。
野球も格闘技もプロレスも、最近わくわくしなくなったかな・・・原因は本当になんだろう。

今回のディー・エヌ・エーさんの参加がきっかけで、また野球が面白くなる事を願います。