0

代表者メッセージ(日記)
人の重み (大変に勉強になりました)
今回の日記に関して、一部名前、名称などを伏せさせて頂きます。

先日、弊社のお客様の会長がお亡くなりなった事からお通夜に行って参りました。
何十年とジャムハウスを運営していて、実はこのような取引先の方のお通夜に出る事は始めての経験でした。

会場となるお寺に行った所大変にびっくりしました。
沢山の弔問客に加えて、下請け会社さんからの沢山のお花が飾っており、正直、会長さんとは面識が無かったのですが、会長さんや現在の社長、専務などの人脈や人柄が大変に伝わってきました。
この不景気と言われる中に、社員の皆様、下請け業者さんの生活を作られていると考えると、大変な責任と共に、社会貢献など、改めて、その会社さんの凄さと、自分に対しての今後の気持ちの入れ方を考えさせられました。

私も起業して、ここまで単にがむしゃらに走って参りましたが、起業する事の責任などを改めて考えさせられた瞬間でした。
盛大な葬儀を行って貰いたいではなく、はやり、起業した責任感、使命感をもう一度再確認し、出来る限り多くの人に喜んで頂けるよう、これからも邁進しなくてはいけない、そんな事を考えさせられる1日でした。

また、余談なお話になりますが、今回のお通夜を行われたお寺さんが、偶然にもジャムハウスを創業したばかりの時、まだジャムハウスだけでは上手く行かなかった時代に、仕方が無く出向と言う形で、あるWEB系の会社と絡んでいた頃があり、そのWEB系会社さんの前を通る機会に恵まれました。
それこそ、その前を通るのも何十年ぶりに近いのですが、当時は、私自身大変な時でもあり、また、このWEB系の会社さんと絡む事での精神的苦痛などもあり、実はここ数年、その会社の前だけは避けていたのですが、現在、決して成功した訳ではありませんが、あの頃よりは十分自分自身納得出来る事情でもあり、胸をはることも出来る状況なので、その会社さんの前を通り家路に着く事にしました。

しかし、何年振りでしょうか、当時もバイクで通勤していたのですが、あの頃の事が蘇り、懐かしさもあるのですが、それと同時に当時の悔しい気持ちなどが蘇りました。
勿論、決して私自身成功した訳ではありませんし、まだまだそのWEB系会社さんに及びませんが、しかし、こうしてジャムハウスを何とか軌道に乗せた事の達成感などが交差して、不覚にも涙が止まらなくなりました。
勿論、ある意味では、そのWEB会社さんに感謝している部分もありますし、逆に、その会社さんを負かそうとか思った事は一度もないのですが、生きている当然色々な事があるものです。

本当にひと時でしたが、私にとって、何だか少し報われた瞬間でした。

今回の出来事は、私にとって色々と考えさせられ、勉強させられ、自分が今日まで行ってきた事に、少し自信と、励みになりました。