0

代表者メッセージ(日記)
ソーシャルボタンの巻
今回の日記から各ソーシャルボタンを挿入してみました。

私の事を深く知っている方なら「どうして、ソーシャルボタンなんて付けたのか!」なんて思いでしょうが、実は、この頃、この手のソーシャルボタンや関連の事を聞かれる事がひとつの原因です。
勿論、私のやり方では、この手のソーシャルモノに関して、適切に顧客に事情をお話して、今一度しっかり考えて欲しい所なのだが、しかし、今年に入って、特にこの手のソーシャルモノに手を出す方が増えてきて・・・・

まず、私のソーシャルモノやインターネットにあるサービス全般に関して、意見を先に述べさせて頂くと、まず、ソーシャルモノに関しては、BtoCであるのなら、ある程度の価値は出てくると思うけど、BtoB向けには、あまり効力がない気がする。
本やセミナー、世間では、ソーシャルモノの魅力を存分に歌い上げているし、またその手のツールを使って成功事例も紹介されているのだが、しかし、ここで本当に考えて欲しいのは、ソーシャルモノにしろ、色々なインターネットサービスを使う事は、頭で考えているほど簡単ではない。

ホームページを持って、そこへ集客させたいが為に、ソーシャルモノに手を出したいのは分かるが、まず、自分のホームページの運営こそしっかりやってこそ、ソーシャルモノが光りだすと私は思う。
例えば、リアルで考えてみよう。
町にお蕎麦屋さんを開店した。
集客の為に、町にやみくもにポスターを貼った、チラシを撒いた、これで顧客は本当にやってくるだろうか?
顧客が一時的に来たとしよう、その顧客は、繁盛にこれからも通って来てくれるか・・・・

先日、ある会社の方が、自社で作った「チラシ」を撒いてきたらしいが、
「先日、チラシを撒いてきたんですが、一向に効果がない、あまりにも馬鹿らしいのでもう止めました」
私はびっくりしていまった・・・
その方が、1回2回ビラを撒いたぐらいで、効果が出ないから止めたとの判断は果たして正しいだろうか・・・

ちょっと話は反れると思うが、「ちらし」に関して考えて欲しい、私の自宅には、毎週と言ってよい程、大手不動産と名乗った「土地を売って下さい」と言うちらしが入る。
どうもその会社、高齢者を雇ってポスティングしているみたいで、当初は、ポストを開ける度に、その「不動産のちらし」が入っている事に不快感を私は感じていた。
しかし、それが1年も2年も続く・・・・・
紙代がもったいないなど、余計な事までも考えてしまう。
しかし、私自身、そこである事に気がついた・・・・

まずは、私にとって無駄なチラシでも、その会社にとって利益に繋がるからこそ、高齢者を雇い入れ、こうして毎週のように、配っているんだろう。
そこで、改めて「チラシ」に関して考えてみると、その不動産のチラシで考えてみると、「ポスト」に入る=「誰がポストを開けるか」例えば、不動産の場合、土地を売ろうと考えているのは、やはりその家の主に当たる。
その主が、「不動産をそろそろ処理しよう」と考ているとする。しかし、その話はあくまでも主だけの頭にある。
そんな場合、チラシを手にとった人が、その家の子供ならどうなるだろう、その家庭の奥さんならどうなるだろう。
チラシをみた瞬間、その不動産の情報は、ゴミ扱いなるはずだ。
しかし、それが、たまたま主がそのチラシを手にする事が出来たならその主はどのような行動をとるだろうか。
「電話でちょっと聞いてみるか」的なチャンスが少なくとも、子供や奥さんより高いはずだ。

上記の件で私が言いたい事は、チラシはまき続けて意味が出てくる。
そのチラシを本当に必要としている人の手まで届けるまで、何度でもまき続ける根気が必要であるという事だ。

話がそれたが、ホームページの運営もブログも運営も、ソーシャルモノの活用も同じ事を言える。
どのツールも、根気よく使いこなし、色々と考えてこそ、ツールの役目が生きてくる。

余談ですが、数十年前の話で、私は、ある会社の運営コンテンツに携っていた頃、その運営コンテンツの集客にやっきになっていて、宣伝の為に、色々な掲示板に書き込みをした事がある。
しかし、その書き込みを時間を掛けて沢山しても、何の効果も出なかった・・・・
「どうしてだろう」
すると、ある事に気がついた。
それは、掲示板が使われている時間だ、当時は会社員だったので、勿論、仕事をしている時間にせっせと書き込みをしていたのだが、その時間、掲示板を見る人など殆どいない・・・
しかし、掲示板が活用されるのは夜の10時位から深夜2時頃までだ。そして、その時間帯に書き込むと、とたんにアクセスが上がり、効果も出てきた。

色々なツールがインターネットにはあるが、やはり使う人が責任を持って使わなければ意味が出ない。
ちょっと、話は飛躍してしまったが、今回、ソーシャルボタンを当社のサイトに付けて、また、私が行っている秘密のブログ(!?)と一緒に研究してみようか考えている。

しかし、次から次と色々なものがよく出てくるね。