0

代表者メッセージ(日記)
教育問題 子供の土曜日授業問題
先日、ニュースで、ゆとり教育の導入で、日本の学力レベルの低下が問題視され、土曜日の授業を復活させると言うニュースが有りましたが・・・・
実は、土曜授業に関して、私の子供の頃は、当然、土曜日も授業だったので、賛成なのですが、しかし、土曜日の授業を復活させれば、本当に学力が上がって行くのか疑問がある。
この話だけ聞いていると、授業が少ないから、教える事が教えられないからのように聞こえるのだが・・・・ 私自身、学校の先生の教育指導問題の低下もその原因にあるよな気がする。
実は、私の近所の中学校では、ナイトスクールと言うモノを実施しているのだが、昼間の授業の他に、夜も授業を行うことなのですが、しかし、その夜の授業方針が何か疑問に残る。 それは、夜の授業は、塾の講師を迎えて実施されている事。
これって、公立の先生の敗北宣言に繋がらないのかと思ってしまう。
夜の授業だって、公立の先生が行えば良いじゃないですか、そう思うのは私だけかな・・・・
また、なぜ、指導者に問題があるかと言うと、ここ最近のニュースを聞いていると、先生の考えられない不祥事が大変に多いと思える。
これって、やっぱ、人間力が低下している事がまずは原因じゃないかと思う。
そんな先生が、人にしっかり教える事が出来るのだろうか・・・・なんて私は毎度思っている。
突然ですが、警察官にも同じ事が言える。
両職業は、私から言えば「聖職」、「私も人間だから魔がさす」と言う言い訳は通らないと思う。
話を元に戻すと、教育プロフェショナルの欠如と言うべきかな・・・ だから、ゆとり教育がどうのこうのではなく、人間力の低下がある種の問題だと私は思う。
また、現在、どこの学校も生徒の数は少なくなり、それと比例して、先生の数が多くなるのなら、もっと少人数制にするとか、一クラス、2人制で先生の配置が出来れば、もっと良くなるような気がするけどね。
私の学生の頃は、一クラス48人位いたと思うけど、それを1人の先生が受け持っていた。
私が大人になって思った事は、よく、48人もの子供を引率出来たなと感心する。
現在も、会社員時代も、数人の部下を引率するだけでも、大変な思いをするのに、当時の先生は、大勢の子供をひとりでまかなっていた。
これって、結構、今考えると、いい加減にもなるし、指導にもばらつきも出ると思うよな・・・
今なら、一クラス13人位で、ひとりの先生にじっくり教えて貰えれば、学力も上がるような気がするけどね。
人数が限られれば、ひとりひとりの子供の性格も指導方針も練り上げる事も出来ると思うのだが・・・
私の子供の頃は、出来ないと、ただただ置いておかれたよな(笑い)
特に私は、子供の頃は、出来なかったので、本当に、置いていかれたな(笑い) しかし、高校生の終わり頃、学校の方針で、商業が実験的に導入され(私の学校は普通科だったので)、数学のBと商業の選択性になった。 当時、数学の先生と私は分が悪かったので(笑い)商業を選択したのですが、これが選択者が少なく、クラスに10人位しかいなく、当時の商業の先生が、ひとりひとり親身に指導してくれたので、商業だけは、結構成績が良かったし、私の友人は、その事がきっかけで、現在税理士を目指している。
子供ひとりひとりに個性があるのだから、その個性を伸ばしてやる教育の方が、果然良いよな気がするけどね。
学校って所は、「平凡」を徹底的に教え込む所だった気がするね。 だから、「勉強の出来る子」=「良い子、偉い子」と思わされる・・・・ 何時だったか、仕事の件で、ある人と、仕事に関する方針で、言いもめた事があるのだが、その言いもめた人間から「私の言う事は、一流企業の人の意見だから正しいのだ」と平気で言われて「呆れた」事があった。
それなら、一流企業の人間が、「人を殺しても許される」て事に繋がらないかな・・・・ ま、それは、自分の意見を強引に通したい為の常套手段に過ぎないのだが、しかし、それでも、結局、人の意見も聞けないのだから、呆れてしまう。
これも、ある意味、教育や教養の欠如だと思うけどね。
何が悪くて、何か正しいのか分からないって奴だね。
そう言えば、もう何十年も前のだったか・・・ ある会社にヘットハンティングされ、何十人もいる社員会議に出た時だった・・・ 平気で、20代の社員が、50代の上司に向って、会議中「うそ、マジ」と言っていた。
だから、まず、会社の問題点として、言葉使いの悪さから指摘したが・・・・ 結局、受け入れて貰えず・・・ しかし、これも教養で、実は、学校や家庭で、習った事だと思うけどね。
また、今回の学力の低下ってやつも、何の学力の低下なのか、分析して、その結論から、どう指導方針を練っていくのか、決めているのかね・・・ 私自身、実は、国語力が大変に、低下していると、言うか、昔から語学が大変に苦手だが、しかし、今更に思えば、語学が悪い事って、結構救いようがないと思うっている。
だって、日本語でモノを話し、授業も日本語、問題も日本語で書かれているし・・・・ その後、語学力が理解出来ないと、何をやっても駄目な様な気がする・・・・ 経営者になると、自然と、経済や政治の事が気になり始め、ここ数年、感じる事なのだが、日本の国って、問題が出て、問答無用に、決まり事や、修正案だけ出しているだけのような気がする。
そして、それを間違えだったと気がついても、それを正そうともしない・・・ これで本当に良いのか、大変に疑問に思う所だと思う・・・・ まず、学力を上げる為に、「教育に関する問題点をもう一度見直してみる」そこから始めてみたら良いのかと思うのは私だけなのかな・・・