0

代表者メッセージ(日記)
DDTプロレス 高木社長
私の好きなプロレスと言うジャンルからDDTプロレス 高木社長の事を書いてみたい。
まず、DDTと言うプロレス団体は、決して歴史は古くはなく、言う所のインディー団体、旗揚げ当時は、インディーというよりもローカル団体と言うほど小さな団体であり、スター選手なんてひとりも居ませんでした。(少なくての一人ぐらいスター選手と言うか昔名前が有ったベテラン選手の参加があるのが普通ですが)
また、プロレスのジャンルで言うのなら、この日本独特の文化の中で、ある意味ストロングスタイルで売り出しを行うのが当然と言えば当然であるが、この団体、学生のプロレス同好会の延長のようなスタイルで売り出してきた。(旗揚げ当初は、従来のプロレスの色が強かったですが)
言う所のエンターテイメントであり、本場アメリカのような派手な仕組みがあるのなら、それも受け入れられるが、DDTのような資金もない、スター選手もない小さな団体が、独自のアイデアを持って、このエンタメ路線を押し出してきた。
実はある団体がDDTの前にエンタメ路線を打ち出し売り出していたが結局長くは続かず消滅してしまった。
少し他団体の事を話せば、同じくスタープレイャーの存在しないインディー団体は、「デスマッチ」や「ルチャ(空中戦)」など、やはりストロングスタイルを基本としたモノに対して付加価値で勝負している。
そんな中DDTは、本当に独自のセンスとアイデアで、実際に日本では受け入れが難しいと思っていた路線で押し通してきました。
また、そんなDDTの独自のスタイルに、当初は色々な方に散々と言われてきただろう。しかし、DDTと言うプロレス団体は、己を信じて今日までエンターテイメントプロレスを邁進してきた。
まさに真の勇者は人に笑われなければ、独創的な事など考えられないとでも言えばいいでしょうか。
また、体の小さな選手ばかりですが、今ではメジャー団体である新日本プロレスの舞台で、新日本プロレスの選手と互角に戦える選手をも育ててきている。
先日、ニュースでこんなDDTのニュースを目にした。
先程話した、DDTでメジャーで活躍している選手で井伏選手と言う選手がいる。
メジャー団体、新日本プロレスに最近では、定期的に試合に出ている。
そんな井伏選手が、新日本プロレスからスカウトのお話が来たのである。
野球で言うのなら、まさにメジャー球団からの誘いだ。
結局、色々と考えた際に、井伏選手は、DDTと複数年契約、新日本プロレスと1年契約でプロレスを続ける事にしたのだが、ここで私が驚いたのはDDTの高木社長の発言だ。
高木社長は、以前から井伏選手に、新日本プロレスで試合を続けたかったら移籍しても良いと井伏選手に言っていたらしい、それは、プロレス界の発展や、井伏選手を思っての事だ。
しかし、私が経営者なら、スター選手を育てておいて、みすみすメジャー団体に、選手を取られる思いはしたくないし、自分の団体を考えたら絶対に高木社長のような行動や発言はしないだろう。
なんか器の違いを感じてしまったのだが、ある意味、この高木社長の考えを私自身の勝手な考え方でまとめてみると、井伏選手が、仮にメジャー団体に移籍しても、残された選手とDDTを運営していける自信やアイデアが有ったのではないか、勿論DDTには、井伏選手に近い選手もまだ結構いる。
井伏選手を作り上げた実績も残れば、自信もあるのだろう。また、違う意味で団体を窮地に立たせる覚悟で、這い上がる事にも自信が有ったのでないかと勝手に考えてします。
また、もうひとつ、井伏選手が、それでもDDTと複数年契約をし、新日本プロレスと単年契約した事で、井伏選手のコメントで、「DDTが好きな団体、辞める気はありません」と言ってのけた。
これはやはり、DDTが選手に対して、本当に信頼関係を作っていなければ、言えない台詞だと思う。
あともうひとつ私の立場から言わせて頂ければ、プロレスと言うのは本来格闘技と違って、見せて楽しめる要素が加わったスポーツである。
決して八百長ではない、確かに勝ち負けが決まっており、本気で殴ってはいない、しかし、確かに「作り物」なのかもしれないが、同じ土俵で言えば、映画やドラマ、小説などのまた作り話であり、その作り物で、人は感動したり泣いたり、考えさせられたり、笑ったり、怒ったりする。
プロレスも同じではないだろうか、映画もドラマも小説も舞台もプロレスも、皆、人を楽しませて何ぼの商売だと思っている。
最後になるが、亡くなってしまったプロレスラーの冬木選手が「プロレスは八百長、真剣勝負していないでもなんでもいいよ、でも、それはプロレスをお金を払って会場まで来て見ている人が言えるのであって、見ていない人が言うのは許せない」と言っていた事があった。
この冬木選手の言葉の意味を私なりに紐を解くいくのなら、プロレスを生で見て貰えれば、「プロレスは八百長」「真剣勝負していない」なんて思いは消えると思うし、そんな考えを払拭する位の自信はありますよと、言いたかった思う。
話が少しがずれまいたが、十分、他の業種のビジネスでもお手本となるだろうと思うし、スピードの速いこのご時世の経営や戦略、戦術、人材教育に役立のではないか、今後のDDTプロレスや、高木社長の手腕に期待しています。