0

代表者メッセージ(日記)
特別企画「展示会に関する小室の独り言 その2」
先日、4月17日(木)西京信用金庫様主催「ビジネスフェア」を無事に終わる事が出来ました。
また、フェアにご来場のお客様、ジャムハウスのブースに興味を持って頂いたお客様、ご来場ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

前回、展示会出展までの事を書きましたが、この西京信用金庫様の春の展示会出展が、私の人生初の出展経験になります。
厳密には、27年、26年位前だったか、ある会社の展示会出展でゲスト扱いで参加した事はあるのですが、その時は、ある意味来場のお客様と直接触れ合う事も無かったので、平成21年(今から5年前)4月16日が私の展示会デビューとなりました。
前回の日記で、初出展の時は余裕の時間を掛けて出展と書きましたが、実は今でも詳しい事まで記憶が無いのですが、初めての展示会出展と言う事で、かなり時間をやりくりしながら展示物の用意に奮闘していました。
ブースに訪れたお客様をどうお迎えすれば良いのか、サービスなどの説明はどうのようなパネルを使った方が良いのか、手渡すカタログは・・・・
当時はまさに手探りの状況で準備をしていました。

正直、写真でもお分かりだと思いますは、春の出展の方は、よく見かける通常の展示会とブースのニュアンスが違い、展示する掲載物も限られてくる事もあり、実際に、初参加するまで、ビックサイドのような大掛かりな展示会に足を運んだものの、あまり参考にならず、途方にくれていた事もありました。
実は、写真をよ~く見て比べて貰えれば分かると思いますが、当時の春の写真秋の写真、少々ブースのニュアンスが違うのがお分かり頂けるでしょうか、実は春の展示会では、「気合だけの参加」で、得たデメリットや私の勘違いを拾い上げ、秋口の展示会から実験しているのです。(ここのニュアンスに関してはまた後日書かせてください)
私にしか分からないニュアンスなのですが、春の強い意気込みで出展、気がつかなかった展示会の盲点に、秋口の展示会から「もがきながら」出展している自分が、写真を見ても伝わってくるのです。
展示会と言うと「特別な行事」と捉えがちですが、しかし、ある意味何処にでもある商店街の店先、スーパーやコンビニの展示と、何の変わりもないのです。
勿論、展示会ですが、「ビジネスに特化した」意味では特別な意味があり、365日の中たった1日や3日間のイベントに過ぎません。しかし、この事も置き換えてしまえば、普通の商店さんと何も理屈は変わらないのです。
少し展示会の出展側からの不満をここで書かせて貰えれば、例えば、自社のブースに一人でも多くの集客を考えるのは同然ではありますが、その行為が意外にルール違反などの変わる事が日常茶万事に横行されているのは、毎度、それを見る私としては見苦しい事。
特に同業者同士の熾烈な来場者取り合いによる人として見苦しい部分は、見ていて呆れてしまう・・・・
私が何を言いたいかは、例えば、観光先の出店などに行くと(寅さんで有名な帝釈天の参道を思い出してください)同じようなお店が沢山あります。
そこでは、勿論、集客に力を入れているが、じゃ、隣同士の似たり寄ったりしたお店同士、仲が悪いかと言えばそうではないと思う。
隣が合って、自分のお店も際立つと言う考え方が有るのではないかと思う。
しかも、展示会365日のある意味たった1日、その1日をどう考えるかである。結局、365日顔を突き合わせようが、1日だろうか、お店だろうが、展示会の出展だろうが、来場するのは人間であり、ブースに興味を持つのも人間であり、サービスを購入するもの人間である。
無理やり人をブースに引き込んでも、物で人を釣っていても、興味のある人間を的確に入れて行かなければ、説明しただけ時間の無駄になる、物をあげただけ損になる、結局サービス購入には至らない。
365日出展しようか、1日出展しようが、来場者に訴えかけるモノ有り、的確にターゲットを誘い込み、「お客様を迎え入れる」と言うサービス精神を作り、顧客満足を作らねば、展示会に出展していても、何も生まれないと思っている。
ここで正直に書かせて貰えば、ここ5年の出展活動で、同業者の出展も目立ってきました(初参加の頃は同業者いませんでした)が、その多くの同業者は、必ずとして2回以上の出展には至りません。
また、同業者の多くから、間接的に、嫌がらせをされた事もありますが、結局、他社を出し抜いた所で、展示会出展と言う「テーマ」を何も分かっていなければ、結果は何も生まれない。
また、1日5000人位の来場者が来たとしても、自社で多くの来場者を独り占めする事なんて出来ないはず。
そんなバカな事を考えるのなら、まずは、今一度、自分たちのブースを遠くから眺めてみる事をお勧めします。
また、ブースに入ったお客さんのニーズや話などを思い出して、次の展示会に活かした方が、よっぽど成果に繋がりますよ。他社を出し抜く事ばかり考えて、大切な事を忘れてしまえば、敗北だけが残ると思います。

次回は今回話した事を含めて、展示物についてお話が出来ればと思っていますが、会社経営も出店も結局最終的には「顧客満足とはなんぞや」それに尽きると思っている。