0

代表者メッセージ(日記)
今年の展示会出展が決まりました(11月6日 両国国技館)
今年の展示会の出展が11月に決まりました。
何とか滑り込みでしたが、ジャムハウスとしては、今年の出展が1回でも決まったので胸をなでおろしているところであります。
実は、ここ5、6年、毎年恒例のように年2回出展活動を実施しておりましたが、今年に入り今まで出展していた展示会等が中止になったりと不運が続き、今年は何処も出来る所が無くなってしまいました。
去年より、この事は予想が出来ていたので、ジャムハウスが出展出来そうな展示会を去年は十分に視察してきたのですが、私たちの趣旨と合わなかったりと、色々と問題が有ったりとかなり苦戦しておりました。
で、結局ですが、今年は出展出来る展示会に巡り合えず、悶々とした日々を過ごしていたのですが、この4月の上旬にそんな弊社の気持ちを察して頂いた取引先のお客様より、前々から出たかった展示会への推薦をして頂きまして、今回展示会の主催者の方から出展の許可を頂ける事が出来ました。
一部のお客様からは、「展示会に出来ない年が有ってもいいじゃない」と言われたこともありましたが、しかし、ジャムハウスにとって、私にとって展示会の出展は、これから先も大変に重要な行事であります。
その理由を話しますと、まず、私たちジャムハウスのような仕事は、大まかにジャンルを作れば、内勤に当たり、外に出るケースが非常に少なく、また人と接触する事もサービス業に比べたらスズメの涙ほどでして、やはり、営業活動と言うよりも、社内に対して活性化と言う事も含めて活動していきたいと考えています。
人と会う、接触する、需要や市況を現場を通して読むと言う事は大変に大切な作業でもあり、何よりも他業種の方と出展出来る事が刺激にもなりますし、価値観の共有にもあたると思います。
また、営業活動の面からみても、目標を持ち、展示会出展から展示会参加、その後のアフターフォローまでを研究したり実施したりと色々と社内にとっても刺激のある活動にしています。
ですので、年1回でも出展活動は、ジャムハウスのカンフル剤として続けて行きたく思っています。

また、実は、去年から仕掛けてきていますが、去年の展示会では、今までの集大成を実施、勿論そこから新たな疑問や課題も出来るので、今年はその疑問や課題の解決に乗り出して行きたいと思っていた所でした。
展示会と言うのも不思議な空間で、デメリットもあれば、メリットも当然あります。
そのデメリットをどうしたら克服できるのか、メリットはどう伸ばしていけばいいのか、これはホームページの運営と全く同じものだと思っています。
ですから、自社の体験としては、これからも展示会への出展活動は続けて行きたい、そう考えています。

また、少々自慢めいたお話になりますが、今回の様に、展示会出展に困っていると、捨てる神がいて、拾う神がいる。
拾う神の方は、やはり、関係がよくなければ、こいう機会は訪れないと思っています。
私自身、お客様、また業者の方々などと、今後も上手くやって行かねばばらないと思う瞬間でもありました。
私は兼ねてから、業者さんの方、こちらが得意先で有っても、ある意味、窮屈な態度をとるつもりは全くありません。
窮屈な態度をとってくる方もいますが、自分がされたら嫌だと思う事を他人にするべきではないと思っています。
業者であろうが、顧客であろうが、紳士的な対応こそが、こう言った「拾う神」に繋がってくるのではないでしょうか。
人とのお付き合い、友人とのお付き合いも同じ事だと思います。

今年の展示会は1回になってしましましたが、新たなチャレンジの課題も抱いているので、与えられたチャンスだと思い、ぶっかって行きたいと思います。
何分、お客様のご協力、ジャムハウスに興味があるお客様、どうぞ11月両国国技館の展示会には期待してください。
詳しい詳細は9月に入りましたら弊社ホームページ上で発表します!