0

代表者メッセージ(日記)
地域貢献
先日、ジャムハウスのお客様で株式会社愛和様(葛飾区)の地域イベント「パン教室」に立ち合いました。
愛和さんでは、定期的に地域の方を集め「パン教室」「蕎麦打ち」などを実施、地域の方と交流を図っています。
また、夏には、立花建設様(練馬区)の地域の子供たちを集め「木工教室」を開催、子供たちに木を使っかって色々なモノを制作していました。

両社のイベントに立ち会い印象に残ったのは、愛和さんにしろ立花建設さんにしろ、代表者である社長さんが先頭をきって地域イベントを盛り上げていました。
勿論、地域イベントと言っても企業にとってみれば色々な思惑があります。
「企業価値の向上」「宣伝活動」その目的は様々だと思います。
偏見な見方をすれば、企業の下心がむんむんと言う方もいるでしょう。
しかし、儲かった利益を自身の快楽などに使うよりは、目的は何にしろ、地域に還元して、地域の子供たちや、高齢者の方それに関わる家族の方が楽しめれば、それはそれで実施する価値があると私は思います。

ジャムハウスは、皆さんもご存じのようにまだまだモスキートような会社で、とても地域貢献などまだまだ夢の夢・・・・
しかし、地域貢献が出来ると言う見方をすれば、会社は順調で余裕があればこそだとも思います。
私も早く地域貢献や社会貢献が出来るよう会社を成長させねばと思うこの頃でもあります。

地域イベントなど地域の方に喜んで貰う事が目的のように感じますが、しかし、愛和さん、立花建設さんなど社員の方が総勢で一致団結して和やかにやっている所をみるとコミュニケイションの場としても会社の運営にプラスになるんじゃないかと思ったりもしました。
実は、自身感じている事なのですが、企業運営とは、「社会貢献」であると思っています。
自身が世の中に対してどのような事をしたら役に立てるのか、逆に役に立てるにはどうしたらよいのかなどを考えながら会社を育てる方が、結果的には長続きするように感じています。
勿論、「お金儲け」も会社を育てる手段のひとつだと思うけど、しかし、目的が常にお金儲けだけなら、一時の利益に繋がっても経営は長続きしないように感じています。
私も十数年経営に携わっていますが、実は、起業を考えてから今日まで「企業理念」がまるで変っていません。
勿論、会社経営が度々ピンチな時もありましたが、そんな時は、今一度自分の得意としている事をどのように人に伝えていこうか、どのように接したら先方は満足してくれるのか、その事ばかり考えてきた十数年のような気がします。

今回、お客様である愛和さん、立花建設さんのイベント参加を通じて、私自身、ジャムハウスの経営者として、色々な事を学ばせて頂きました。
ジャムハウスも1日も早く地域貢献や社会貢献の優れている会社にしたいと思います。