0

代表者メッセージ(日記)
本当に日本って国は豊かになった
この季節、町を歩くとクリスマスムードとなる。
そんな中、普通に幾つかの民家もクリスマスに合わせて、自宅などをクリスマス仕様にする光景が目立つようになってきた。
そんな雰囲気を感じとると毎年「日本って本当に豊かになったんだな」と思う。

実は私が子供の頃生まれ住んだ町には、ある外国の団体があり、その一角だけ外国の方が住んでいた。
アメリカ人の方なのだが、私の子供の頃なので昭和48年頃から昭和50年代、まだまだ日本は高度成長期では有ったが、今以上に豊ではなかった。
当時のレートの事はしらないが、多分1ドルが380円~500円位は有ったのではないか、私が高校生だった頃、クイズ番組で「世界丸ごとハウマッチ」と言う番組あり、1ドル360円とお考え下さいなどと当時のレートをナレーションしていた。
で、そのアメリカ人が住んでいる一角だけクリスマスになると、家の廻りをネオンで飾り、夜なんかとても綺麗だった。
子供心に「アメリカの人は金持ちなんだな」なんて思っていた。
それが数十年経ち、普通の家庭の日本人が同じ事をしているのだから本当に日本は豊かになった。それを実感するね。

話を少し当時の思い出話にすると、そのアメリカ人の家の前には、日本の長方形の表札があり、カタカナでフルネームが書かれているので、子供心にそれをゆっくり読んでいると、アメリカ人の夫婦が出てきて、片言で「よく読めましたね」って言ってくれて、アメリカのお菓子をくれた。
その後その夫婦とは仲良くなり、町で会う度に挨拶すると「おう!おりこうさんですね」と言ってくれて、頭をなでて頂いた。
そのアメリカの団体は、当時ベトナムの難民の方を受け入れていて、よくベトナムの子とも遊んだ記憶がある。
何時だったかベトナムの子に、「ニーハオ」と言って、怒られた事があった(笑い)
余談ですが、会社員時代、会社に中国の方が居て、韓国人の方が韓国語で話されていたので、中国人の方に「あの人たち何てしべっているの」と聞いた所、「小室さん分かる訳ないでしょ、もしかして、中国語と韓国語は同じだと思っているの」と怒られた事があります(笑い)

しかし、どんなに国が豊かになっても、その一方でクリスマスを不憫な想いで過ごされている方もいるのも事実。
国がどんどん良くなっても本当に皆が皆全員幸せになれる事ってないんですね。

あれから40年以上経って、私もいいおじさんになりましたが、しかし、あの頃想っていた将来の希望などいまだに色あせずに大事に持ち続けて生きています。
これからも子供の頃に想っていた頃を忘れずに頑張ろうと思う。

しかし、毎年思うのですが、私自身、クリスマスだけは何時も何も関係がありません(笑い)