0

代表者メッセージ(日記)
これからの数年、景気感に関して
新年明けましておめでとうございます。
今年も株式会社ジャムハウスをどうぞよろしくお願いいたします。

去年のお話から始めさせて頂きますが、去年の前半は一昨年の延長上にあり、ジャムハウスの状況も決して良いモノではありませんでした。
長年サポートしてきたお客様の経営悪化、新規顧客拾い出しの失敗など・・・・
一昨年から悪循環だけは受け継がれ何とも苦渋な毎日を過ごしていた状況でした。

しかし、だからと言って指をくわえていても仕方がありません。
数年前から新規拾い出しなどを含めてジャムハウスでは投資額を大きくとり、失敗してもそれを肥やしに前に進む事だけ考えてきました。
元々私の考え方が、落ち込んでいても何も始まらないと言う考え方なので、前向きに前向きに取組んでおりました。

もう少し状況を細かく言うと、去年の中盤ジャムハウスにとって大きな事情に見舞われ、それには私自身も結構痛い思いをしてしまいました。
その事を踏まえて、行政の経営支援を行う機関に足を運んだ事もありましたが、、経営改善や好転などそうやすやすと状況が変わる訳でもなく、ある時期は私自身も大変に落ち込んでおりました。

しかし、何日か落ち込んでいた日々が続いたでしょうか、その状況かにいても好転のチャンスは作れないと思い、思い切って表に飛び出してみました。
私の場合、この辺の機転が自分の長所でもあるみたいですね。
普段からサポートしているお客様を1社1社廻り、初心に戻り、ジャムハウスを立ち上げた頃を思い出し、拾い出しの策を作ったりと、去年中盤から体をおおいに動かすように努めておりました。
すると、結果的には、サポートしている数社のお客様から良いお話を頂き、また、その後忘れていた昔のお客様からお電話が入りと、状況が一転!
去年の後半より、前半の暗黒なイメージが嘘のように、動き始まりました。
お陰様で、去年の後半は、例年にない忙しさを経験させて頂き、冬休みも返上で仕事をしなくてはいけないかもと覚悟をしてきました。(結果、冬休みはお休みを満喫出来ました)

去年、自身で切り開いた開運ですが、実は、景気感が一部の業種で戻ってきていると言う実感も感じています。
アベノミクスと言われたのが2011年頃だった思うので、アベノミクスが小さな中小企業に浸透するには3~5年掛かると予想はしておりましたが、考えてみれば、その3~5年に当たる年でもあります。
勿論時代は刻々と変わっているのですから、業種によっては、厳しさを一層強いられている業種もあるとは思います。

しかし、私が考えるのなら、景気感が悪いだろうと、良いだろうと、結局「運」を掴むのはその人その人の考え方や行動であると思います。
何時だったかこの日記上でも話した事があると思いますが、十数年前にある軌道に乗った会社の社長さんから「小室さん、私の事業は創業して8年程になります。しかし創業3年目で、頭を抱えました、『もう駄目だ』何かいい事でもないかな、何であの人はついているのかな、などと悩み恨みました。しかし、そんな事をしても何の進展もないんですよ、いい事が欲しいなら、待っているのではなく、運のいい人の所まで行ってその運を貰ってこないと何も始まらないですよ」
確かに私もそう思いますし、その社長さんの言われる事には実感と重みを感じました。

これからの数年は以前の数十年とはまた一味もふた味も違う状況が進むと思います。
好景気な雰囲気がきても、業種や企業によっては、厳しさが増す気もしています。

まずは、自分自身が、世の中や社会に対して、何か出来るのか、どう誠実に向かい合っていけばいいのか、そして人に必要とされるにはどうすればいいのか、その事を考え、その考えを基本に自身を動かしてみると良いと思います。
皆さんが世間から必要されるのであれば、必ず明るい未来はあると思います。

年初めからヘビーなお話ではありましたが、去年数社から、ホームページを介して良いお話を聞かされました。
廻り始めたお客様は、やはり日々努力を惜しまない企業ばかりです。
神様も全部の祈りは聞いてくれないと思いますが、努力した人には、背中を押してくださると思います。
これから新しくも厳しい時代の始まりだと思いますが、お互いに力一杯頑張りましょう!

今年1年ジャムハウスをどうぞよろしくお願いいたします。