0

代表者メッセージ(日記)
コロナウイルスで試されている事覚えなければならない事
東京都は先日、いよいよ新型コロナウイルス拡大を防止する為に、「緊急事態宣言」を発令しました。
ジャムハウスでも、出来だけ人の接触を避け、休日などは自宅待機をしています。

このコロナウイルス、緊急事態宣言を含めて不測の事態とは、企業が幾ら頑張ってもどうしょうもない事がある事を東日本大震災の時に知りました。
この不測の事態は、ここ数十年の中で大変に多く考えてみると2008年に起きた経済危機、天候災害による危機 を含め「リーマンショック」から考えても
  • リーマンショック(2008年)
  • 東日本大震災(2011年)
  • 熊本地震(2016年)
  • 台風被害(関西地方)(2018年)
  • 台風被害(関東地方)(2019年)
  • 新型コロナウイルス感染症(2020年)
数年に1度は外部要因として予測・想定不可能な事態が起きているような気がします。

勿論、全てが全て一企業や一個人に降りかかる事はないでしょうが、ジャムハウスでも、東日本大震災の経験を踏まえ、幾つかの外部要因として予測・想定不可能な事態に備えた決まりを作りました。
今回のコロナウイルスの件も直接関係がなくても、現状の世の中の情勢を自社に当てはめて今後の予測・想定不可能な事態に落ちいても動揺する事がなく、しばらく会社運営が出来る体制を考えていたいと思っています。
また、これから世の中は、中小企業にとって「大倒産(廃業)時代」だと言われています。
少子高齢化社会による人材不足や後継者不足、需要の縮小、IAなどの台頭による社会的な役割が完了させられる企業さんも多くなるとと思います。
「大倒産時代」「不測な事態」を両面から捉え、自社にしっかり当てはめ、自社のメリットな部分、デメリットな部分をしっかり抜き出し、それぞれに対応対策を考えていかねばならないと思っています。

まずは、今回の新型コロナウイルスで危機的な状況を迎えている企業や個人の方には人並みな言葉しかかけられませんが、「がんばってください」としか言えません。
しかし、これを乗り越えて、その上で免疫を自身に沁み込ませる事が出来れば、もっと強い自身が誕生すると思います。

日本経済、日本の会社、頑張りましょう!