0

代表者メッセージ(日記)
バーチャル展示会に出展へ
皆さんもご存知のようにコロナウイルス感染の影響は留まる事がありません。
いよいよ、展示会も今回よりバーチャル展示会開催へとシフトする事になり、展示会の指導をしている弊社としても、バーチャル展示会を経験する為にもいい機会だと思ったので、出展する方向で現在考えています。
前回、前々回の日記でも、まさしくバーチャルと言うかリモートの事を書いてきましたので、ここでバーチャル展示会の現在の私の心境を書いておきたいと思っています。

バーチャル展示会も同じようにメリット、デメリットが有ります。
まずは、バーチャル展示会に出展する際に気を付けたいのは、その展示会の集客力と認知度には気をつけたいと思っています。
バーチャル展示会のシステム自体は良く出来ていても、実際、集客が何も出来ていないようであれば、出展しても経費の無駄使いだけで終ると思います。この辺はインターネットの世界ですからホームページと同じ事が言えます。
また、仮に集客がある可能性があるバーチャル展示会だった事にしましょう、集客があれば、対象は、会場地域ではなく、全国が対象となります。
大袈裟な言い方をすれば、世界の人が見込み顧客となる可能性も含みます。」
その上で集客の質を考えるのなら、当然、訪れる顧客のニーズも多彩になると思います。
普段、わざわざ足を運んでまで展示会なんていかないと言う人種も当然簡単に来場する事になると思います。
リアルの展示会であるのならば、一ブース一カテゴリーと教えているが、これが多岐に渡れば、普通のホームページと同じでSEO駆使するような効果の見返りを考えても良いと思い始めています。
展示する内容も出来るだけ多彩に、ひとつひとつの情報はより細かく展示しても良いモノだと思います。
また、オンラインでの対応も可能な限り、単にリアルの時と同じような姿勢で行うのではなく、オンラインを意識した対応を必ず事前に用意していた方が良いかと考えます。
勿論、メールでのやり取りも同じだし、リアルと違い、より冷やかしも多いだろう・・・・・

弊社も来年早々に幾つかのバーチャル展示会への出展を考えている所だが、幾つかある展示会のひとつに認知度が意外に高いので、集客と言う部分はかなり安心が出来るかと思っているのだが、やはり、集客がある分、訪れる利用者の多彩な要望には、心して構えないといけないと考えています。
世の中にしても自社にしてもバーチャル展示会元年になるだろうし、バーチャル展示会が上手く行けば少しでも希望が見えてくれば、この形がひとつの形として主流となる事は間違えないだろう。
私自身も、新たな気持ちで緊張感を持って臨みたいと思っています。