0

自社の企業価値を上げるもっとも手っ取り早いやり方に、マスコミに記事にして貰う方法があります。
テレビや新聞で皆さんの会社が取り上げられれば、大勢の方に皆さんの会社を周知して貰えます。
また、記事の内容次第では、売り上げが数倍上がり、求人にも沢山の方が応募してきます。まず、企業価値を上げるために、自社をしっかりコーディネートし、告知(配信)する力を作らねばなりません。
これからの日本経済は大きな転換期を迎えます。
少子高齢化社会による人口の減少と需要の縮小、それを踏まえての事業のグローバル化、またこれまでの一企業の社会的な役割も短縮化と後継者問題を迎え中小企業は大倒産(廃業)時代を迎えます。
また、不測の事態(コンティンジェンシー)も近年では、数年単で迎え、もはや一つ一つは中小企業自身の努力だけではどうしようもない問題になりつつあります。
企業の数が減少する事は避けられない以上「中小企業は、大企業にも勝てる強み」を作っていかねばなりません。事業を維持し、雇用を維持し、自社を延命させるため企業価値を作りその価値を上げていく必要があります。
テレビや雑誌・新聞を見ていると「なぜ、あの会社はテレビで取り上げられているか」「あのお店はなぜ取材されたんだ」そう思う事はありませんか、「私の会社(お店)も、取材されればな」なんて思う事がありますよね。
なぜ、あの会社やあのお店はマスコミに取材されるのでしょうか?大きく理由はふたつあります。
ひとつは、「自身の情報配信」、自社のホームページで情報を配信し、マスコミに気がついて貰う事、二つ目は、「自身でマスコミに直接情報を伝える」事です。
しかし、このふたつの異なる情報配信には、ひとつ共通する重要なポイントがあります。
それは、「価値のある情報の配信」です。
価値のある情報だからこそマスコミはこぞってニュースや記事として取り上げて貰えるのです。
テレビや雑誌・新聞などに掲載されるのは大きく理由はふたつあると言いました。
ひとつは、自社の配信、二つ目は直接マスコミに訴える方法です。
自社の配信に関しては、「自社ホームページ運営でお困りの方」を閲覧ください。
二つ目の直接マスコミに訴える方法ですが、プレスリリースなど手段は色々とあります。
しかし、「プレスリリースなんて作って配信してもどうせ無駄だよ」「プレスリリースするような新製品や新サービスなんてない」なんて思う方もいらっしゃると思います。
また、多くの人が、プレスリリースを配信して、「マスコミの方に拾って貰えたら当たり」と思っている方も良いですが、なぜ、マスコミは、情報を拾い上げ、それをニュースや記事とするのでしょうか、こちらがマスコミに直接訴えかける時、マスコミの気持ちを理解した上で情報を配信しなくてはいけません。
それはなぜかなのか、その情報をニュースとして記事として採用するかどうかは、マスコミの担当者の判断になるからです。
また、多くのマスコミが、ニュースや記事といったネタを十分に持っている訳ではありません。
マスコミだって情報に飢えているんです。マスコミの性質を理解した上で情報を作る事が出来れば、マスコミは必ず応えてくれます。