0

事例のご紹介
ここではホームページを優秀な社員にする事で経営資源に変換出来た企業、大きな利益を出すことに成功したお客様をご紹介します。
注:事例の紹介企業さんの成功は、お客様の努力も含まれる事をご考慮ください。
株式会社アーマン様では、主に「病院を専門とした清掃業務」を展開、ホームページを開設後直ぐにその機能を十分に理解して企業のブランド化に成功しました。
現在では、「販路開拓」 「 既存顧客の活性化」 「 企業価値向上」 「業務拡大」でホームページが活躍中、まさに企業の名刺ではなく、戦略ツールとしてホームページを高く稼働させている。
長きに渡りホームページの機能化と社員様の意識改革で、業界での上位企業に成長、BtoB企業のブランド化に成功させる事が出来ました。
サポート担当者からのコメント
株式会社アーマンさんでは、ホームページ開設当初は、特に企業の名刺程度の役割で良いと考えていた企業さんのひとつですが、運営する事で徐々に「問合せ」などが発生した事で、早期段階から企業のブランド化とホームページ運営をだぶらせて実施してきました。
また、当初は「販路開拓」に力を入れていたのですが、マーケティングカレンダー(※)とアクセス解析の解析結果から「販路開拓」「既存顧客への再販」を抜出、両面から売上向上と、病院清掃ならではの価値観や差別化が分かり、それに集約する事で顧客満足を促進し売上アップに繋げました。
また、顧客満足の戦略が業界誌(マスコミ)の目にとまり、業界誌の取材を受け掲載されることで、企業価値の向上や業務拡大の更なる飛躍に貢献出来るようになりました。
※マーケティングカレンダーに関してこちらを閲覧ください。
株式会社愛和様では「介護事業」「湯灌業務」を中心に業務を展開、業務柄「人材確保」には毎年悩まされていましたが、ホームページ開設後、業務に関する先入観を腐食して人材を確保、販路開拓にも大きな貢献を行っています。
販路開拓は勿論ですが、仕事柄「人の確保」は最大のテーマであり、サービスの注文を沢山頂いてもサービスを提供する人材がいなければ、売上を上げる事は出来ません。
また、どうしても、先入観からか、人材確保は創業以来のテーマになっていましたが、ホームページで戦略的に更新活動を行う事で、「人材確保」「販路開拓」に絶大な効果を発揮しています。
また、各事業部で、ターゲットの違いがある事から、1社でホームページを複数展開、事業部毎にホームページを取得、運営に当たっています。
サポート担当者からのコメント
株式会社愛和様では、当初ひとつのサイトでホームページを運営していました。
そこでジャムハウスでは、ターゲット違いから業務面・人材面の「情報センス」を作るために、事業部別のホームページの運営を提案、まずは、特に人材面で難航していたセレモニー事業部にターゲットを絞りホームページを運営、人材の確保や業務提携などある程度成功を収め、介護事業部のホームページの制作・運営に移りました。
現在では、両事業部それぞれが、「販路開拓」「求人確保」とホームページを活用しています。
ツインズ株式会社様は、「消臭業務」を中心に業務展開、小さな会社のため、一人ひとりの社員が営業からサポートなど何役もこなす必要があることから、ホームページの社員化に取組ました。 その事で、現在では販路の拡大の仕組みをホームページ中心の仕組み変更、現場営業マンの電子カタログの役目まで展開しています。
また新製品発売には、必ずプレスリリース活用、その上でマスコミから製品が新聞などで取り上げられ、マスコミから製品が絶賛された事から企業価値が向上しました。
サポート担当者からのコメント
ツインズ株式会社さんは、数名で営んでいる本当に小さな中小企業であるが、販路開拓は勿論ですが、情報配信でマスコミを獲得、見事大手新聞社の記事として製品が掲載させる事に成功しました。また、地方などの企業からの問合せがコンスタントにある事から、業務提携・販売代理店などの拡大にも一役買っていて、まさに現在ホームページが何でもこなせる社員の役割を担っています。