0

今後のホームページ事情
BtoB企業こそホームページを大いに活用して行く必要があります。
「販路開拓」や「コンプライアンス向上」「企業価値」などホームページを活用して行く事で、企業は大きく変わっていきます。
他のページでもご紹介していますが、この先、景気が良くなろうと悪くなろうと新たな課題に直面します。
それは少子高齢化社会です。それに伴い需要の縮小や人材確保は深刻です。
これまで、学生の就職活動は氷河期と唄われていましたが、これからは、企業側の人材確保が大きな課題とされます。
人材確保が出来ない状況が続けば、業務にも支障が出てきます。
冗談ではなく人材不足倒産なんてあり得ことかもしれません。
ホームページを優秀な社員にする事は、「販路開拓」「既存顧客活性化(再販)」「新販促活動」 「企業ステータス向上(企業価値向上)」「求人募集」 などを担い、業務活動の促進をして参ります。
企業にとって人材の育成は大切な事です。 新入社員から、コツコツ育て、一人前のビジネスマンに育て上げます。
ホームページも同様であり、ホームページを企業の名刺のような役割から脱却させ、ホームページ自身と、ホームページ担当者を時間を掛けて育てて行く事が出来れば、必ずホームページは優秀な社員に成り代わり機能を果たし皆さんの会社に貢献していきます。
ホームページが優秀な社員として育て上げる事に成功すれば、事業部毎のホームページや、製品別、サービス別のホームページを持つこともこれからは大切になってきます。
1社に1サイトと決まりがあるわけではありません。
例えば、1サイトにターゲットの異なる事業部が混雑すれば、ホー ムページに訪れる利用者にしても、混雑することでしょう。事業部毎に、ターゲットに有ったホー ムページは、これからの時代、最も求められる事となるでしょう。
ホームページは、新規顧客の拾い出しだけではありません。
既存顧客やIR情報に対しても十分アピール出来るツールであります。
しかし、従来のように企業が一方的な情報配信や、戦略もとらない更新活動では、何も生まれません。
まずホームページの運営を理解した上で顧客に対して有意義な情報を配信すれば、既存顧客やIR情報は生きていきます。
集客することとは、自社のホームページだけとは限りません。
業界に付随した情報配信サイトの運営なども行うことが出来れば、潜在顧客を獲得出来るはずです。
例えば、情報配信サイトの運営で顧客情報を獲得出来れば、次回の活動の資産などに変わっていきます。