0

日本経済は、長きに渡り苦しい経営を強いられてきましたが、ここにきてまた大きな試練が皆さんの会社の前に立ち図ろうとしています。
ジャムハウスでは、ホームページを始めインフォエブリィ、求人獲得コンシエルジュ、展示会サポートサービスなどOODA(ウーダ) LOOP(詳しい説明は後ほど)とPDCAサイクル(詳しい説明は後ほど)を組み合わせたサポート体制で、確実な成果を作って参ります。
また、OODA LOOPとPDCAサイクルをより効果的に引き出すためにジャムハウス独自のマーケティングカレンダーを使い、希望的観測に囚われない現実味あるサポートを提供する事で確実に皆さんの会社の企業価値を作り、売り上げや求人獲得などに貢献していきます。
OODA LOOPとは何でしょうか、アメリカ空軍のジョン・ボイド大佐により提唱された意思決定と行動に関する理論、組織経営等において生起する競争・紛争等に生き残り、打ち勝ちって行く為の新しいマーケティング理論。
OODAループは、観察(Observe)- 情勢への適応(Orient)- 意思決定(Decide)- 行動(Act)- ループによって、健全な意思決定を実現する為のマーケティング理論であり、現在では多くの企業が基本戦略として採用されている。
近年、インターネットの登場により多くの情報が満盈し、特にその事により時代がよりスピードし予測や仮説よりも現状の情報を活用してより鮮明な状況判断を行う事で現実味あるマーケティング戦略が実現出来る事
PDCAサイクルとはなんでしょうか、そのそもPDCAサイクルは日本で生まれたマーケティング理論であり、続的改善手法。
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する事でより完全な体制を作る事。
なぜ、OODA LOOPとPDCAサイクルを組み合わせる必要があるのでしょうか、その前にOODA LOOPは比較的最近紹介されたマーケティング手法であります。
その為大変に期待されているマーケティング手法になり、PDCAサイクルの次は、OODA LOOPとビジネスサイトやコンサルタントの方に言われていますが、そもそもPDCAサイクルは大変に素晴らしいマーケティング手法であります。
私たちの周りでも「PDCAサイクルの勉強をしたんだけど、なかなか上手く行かない」と聞きますが、そもそもPDCAサイクル自体には何の問題もなく、問題なのは、使おうとする側に大きな問題があると考えています。
まず、問題なのが、PDCAサイクルの出発点であるP(プラン/計画)に問題がある事が多い事です。
Pに問題が有る以上、幾らPからサイクルしてもPに問題があれば、PDCAはサイクルする事はありません。
PDCAサイクルのPを作る時こそ、OODA LOOPを使用する事で、PDCAサイクルのPをしっかりさせる事で、始めてPDCAがサイクルさせられ、最強の組合せになるはずです。例えば、インターネットが登場する以前の情報が少ない時代であるなら、PDCAのPの発想も予測や仮説で良かったのですが、今のような情報が氾濫している時代には、予測や仮説よりもより具体的なマーケティングデータが求められる時代ある事を認識しなくてはなりません。これからの時代は、自身による勘ピューターではなく、実際に生きた情報をクリエイトする事が成功に導くカギとなります。
先にお話しましたが、インターネットが登場する前は、情報が乏しい時代でした。
ですから人は自身の勘に頼ったり、予測や仮説を作り未来を描いていました。
しかし、インターネットが登場してパソコンが普及するとこれまで以上に情報が身近なものとなり、情報が氾濫している時代を生きている事になります。
そう言った情報が氾濫している時代に必要な事は、その情報が自身にとって適切であるかどうか、また、どうしたら情報をクリエイティブして適切な情報を配信出来るかがカギとなります。
例えば、どんなに自身で「これはいい情報だ」と配信しても、受け手がその情報の価値を評価しなければ、その情報はいい情報ではありません。
また、これだけ生きた情報が手に入る時代にも関わらず、いまだに自身の勘や予測や仮説に頼っていても先に進みません。
ジャムハウスでは、そう言った勘や予測や仮説に頼るのではなく、しっかりとした情報を組み上げ、その情報を生きた情報に変換する為にジャムハウスで独自で作り出したマーケティングカレンダーを使用、OODA LOOPとPDCAサイクルを使い生きた情報を作り出し、的を得た企業価値を作り上げ、売り上げや求人獲得などに活用していきます。