ウェブモーション(動画配信)
ホームページで製品やサービスを文字や写真で、伝えきれない事は、動画を使うことで、利用者に分かりやすく伝えやすくします。
ネット回線が高速になった事で、ホームページからの動画配信が、より導入しやすいものになりました。
しかし、動画を配信することは、まだまだ高価で、簡単なものではありません。
動画を配信することをもう少し深く考えてみると、より、リーザブルに導入できるかもしれません。
動画をテレビや映画の様なクオリティでと考えれば、動画自体を制作するに、莫大な費用が掛かります。
しかし、製品や、サービスをインターネット利用者に訴えるに、大画面や、クオリティが、必要でしょうか?ご自宅用のムービーカメラで撮影した映像でも、製品やサービスの良さや、 使い方が伝わればいいのです。 パソコンから、ムービーを見る際、長時間の映画などを見られますか?特に、ビジネス環境であれば、必要な部分や、文字や写真などで伝えきれない部分だけを見せればいいのです。
長時間のムー ビーなどの無意味な配信は、利用者にとっても有難迷惑なのです。 動画、短くとも、クオリティがそこそこでも、伝えたい事が、利用者に伝われば、動画を導入しただけの価値が得られます。
動画を配信する場合、何を伝えたいのか目標を明確にする事と、必然性を合わせて行く事です。
例え、クオリティが良くても、社長さんの挨拶を20分も配信した所で、あまり利用者には好意的に見てもらえません。
サンプルの映像は皆さんでも撮影可能なハンディカム映像です サンプルの動画は、弊社が所有している、ハンディカムカメラで撮影した映像です。映像のクオリティ、動画配信時間など、何の問題もありません。

勿論、お客様の希望であれば、プロによる動画の撮影も可能です。
ウェブモーションは最長3分程のダウンロード再生でありますので、この要件を満たしていれば、 プロショット、アマチュアショット、なんにでも可能に対応いたします。
また、少々長い動画に関しては、テーマ毎に動画を分け、配信すれば、低価格な配信が可能になります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

動画の配信となると大変に構える方が多いですが、先にも説明しているように、文字や画像では表現出来ないような事を容易に伝えれば良いだけです。
例えば、自分に置き換えて考えてみて下さい。
2時間の映画をパソコンで見たいと思いますか?例えば、30分や15分程度のドラマやアニメーションなら、「見てみるか」となりますが、どんなに面白い映画でもパソコンで2時間も見続けるのは、大変に辛い事になります。
また、見たいモノなら、進んで見たいと思うでしょうが、知らない方の演説や挨拶など、例えば3分で終わると言われても、見たくは無いものです。(有名な人なら見たいと思いますが)
ですから、動画配信には、気張らず、伝えたい部分だけをピックアップして配信する事をお勧めします。
自社の業務内容や会社紹介の動画があるとします。
それを全てネットで配信すれば、大変に親切だと思うことでしょうが、しかし、動画を見せられた方は、それで完結していまいます。
例えば、映画のように、予告編的な内容のモノ(ダイジェスト版)を見せて、「本編(完全版)」が見たい人は、無料にてDVD等で記憶した物をお送りします的な内容にすれば、お客様の情報(会社にとって資産)が獲得出来る場合もあります。